新着一覧はこちら

パワハラ・いじめ問題


 新聞報道によると、兵庫県警機動隊員の巡査だった当時24歳のKさんが、2015年10月に自殺したのは、『警察内のパワーハラスメントが原因』だったとして、両親が兵庫県に約8000万円の損害賠償訴訟を地裁に起こしたとのこと。会見した父親や訴状によると、Kさんは2009年に採用され、2012年から機動隊に配属。翌年9月の重機操作に関する試験の際、『同僚に解答を見せたと直属の上司ではない巡査長に言いがかりをつけられ、カンニングしたことを認めるように執拗に迫られた』ということです。また、別の上司の命令で会合の際に、『裸踊り』をさせられたほか、日頃から『暴言を言われたり、体罰を加えられたりしていた』とのことです。

 遺族側はこうした一連の行為をパワハラと主張。2015年7月には『うつ病』を発症し、同年8月頃から婚約者に『死にたい』と言うようになったそうです。

 警察隊舎で自殺を図って意識不明になった同年10月6日にも、2年前のカンニングを認めるよう迫られたことが、直接の原因と訴えています。Kさんは同年10月15日に死亡しました。父親は『無念でたまりません。何があったか真実を明らかにしたい』と語ったそうです。

 Kさんの自殺の前月にも「機動隊の同僚が自殺していた」ことを受け、兵庫県警は内部調査を実施。組織を適正に管理運営できていなかったと、同年12月に当時の機動隊隊長を本部長注意処分としました。一方、「個々の隊員に配慮を欠く言動があったが、パワハラやいじめと言える行為ではなかった」と結論づけていたそうです。

 警察組織内の異常な事例を、私たちは見過ごしてはいけません。Kさんの自殺以前にも機動隊員が自殺してるという事実があるにもかかわらず、警察の上層部は、具体的な再発防止策とその実践もなく、中間管理職を処分したのみの官僚的なやり方に対して、私たちは抗議の声をあげることが必要です。

 また、警察上層部の「パワハラやいじめの行為はなかった」との結論には、事実の検証を求めていくことが重要です。その検証で「パワハラやいじめ」の実態を明らかにしていくことが重要です。警察組織の腐った実態を暴露して、長官や本部長の責任を追及しましょう。


  【 記事:武谷書記次長 】

沖縄問題

沖縄問題 

生コン政策関連

がんばる シングルマザー &ファザー 応援!!

家族クラブ あさがお

青年女性部 (生コン支部の部会)

ここで解決 ホットライン 女性相談員がいます 相談無料 秘密厳守

文化部通信   (生コン支部の部会)

連帯ユニオン提供 遊・わーく・ウィークリー

radikoで聴く

赤信号 労働問題 Q&A 知って得する職場のトラブル解決法